2020/11月例会「第4回残念特別」報告記(13)・詳細編(「さだまさしクイズ(?)」編(その7))




こんにちわ、番頭役のむろかつです。2020/11月例会の報告記の13回目、2RのKavaさんの企画は「さだまさしの歌詞の中から単語をチョイスして…」という早押しクイズ企画の「詳細編」の7回目となります。

2020/11月例会「第4回残念特別」報告記(12)・詳細編(「さだまさしクイズ(?)」編(その6))

2020年11月23日

↑前回の記事はこちら。

Q30時点の獲得ポイントおよび順位は以下のような感じになっておりました。

[Q30時点でのポイント:ひっさつ+7、Liner+6、ハマクドー・龍・佐伯明日叶・キヨミ+3、三好誤服店+2、むろかつ+1]

残りは10問。ここからどのような展開が待っているのか…。

Q31:1918年に発表された芥川龍之介の児童向け短編小説で、地獄に落ちたカンダダ/という名の泥棒の男が登場するのは何でしょう?

A31:蜘蛛の糸(佐伯明日叶○+4)

さだの歌→「まほろば:二人を支える蜘蛛の糸」

1988年3月25日にリリースされた通算34枚目のシングル曲。

Q30で出た「主人公」と両A面で、この「まほろば」という楽曲じだいはソロデビューしてまもなくの頃から歌い続けてるさだファンの中でも非常に人気のある一曲でちょうどレコードからCDに転換される頃のリリースなので「さだファン向けに」作られたシングルCDではないのか…と推測されるリリース時期な話を書きました。そして現在に至るまでコンサートでは頻繁に歌われております。

なのでこのCDリリースがなされた30年後でも両曲は「横綱」に番付されるほどさだファンからは支持されている次第です(^_^;)

で、早押しクイズ的には佐伯さんが「カンダダ」で押して「蜘蛛の糸」で正解し+4に。

なんとここで「なぞなぞ」が(;゚Д゚)

Q32:なぞなぞです。持ち上げる時に思わず手が震えてしまう家具ってなーんだ?/

A32:テーブル(ひっさつ○+8)

さだの歌→「時代はずれ:テーブルに出したか かくすんじゃねえぞ!」

1988年7月25日にリリースされたさだまさしの通算35枚目のシングル。さすがにさだが歌ってる動画はなくて、カバーしてる方がいらっしゃいましたので「ああ、こんな曲なんだな」と。

まあ簡単に言えば仲間での飲み会の歌ですね。歌詞の「テーブルに出したか かくすんじゃねえぞ!」はもちろん現金でございます。ついでにこの時に「ある奴がカネを出す→アレバダスの法則」って歌詞が好きでしたね。アルバムには確か収録されておらず、後年、企画ものの「御乱心~オールタイム・ワースト〜」に収録されております。

で、クイズ的には…なんとここで「なぞなぞ」が登場し、2回読まれるも皆、( ゚д゚)ポカーンとした中、ひっさつ会長が押して「テーブル!」と答えて正解し+8に。答えを聞いて「あー、なるほど!!」と悔しがる面々多し、でした。

「俺、タバコ吸わないんだけどねー」と言いながらLinerさんが。

Q33:2019/10月以降、「echo」「ゴールデンバット」と共に在庫分を/最後に廃止する予定である、黄色地に若草色のストライプや双葉を模した模様のパッケージのたばこの銘柄は何でしょう?

A33:わかば(Liner○+7)

さだの歌→「夢の吹く頃:今年の若葉が生まれてる」

1988年10月25日にリリースされたさだまさしの通算36枚目のシングル曲であり、この年の大晦日の日本テレビ年末時代劇スペシャル「五稜郭」の主題歌もありました。

その翌年1月に通算14枚目のアルバムとして同じタイトルの「夢の吹く頃」がリリースされてこの曲も収録されてまして、実はむろかつもそうですが、ひっさつ会長、ガソダム、組合サトー。、ムギタンあたりはここらへんからリアルタイムでさだを聞き始めた(ここよりか前は旧譜として)、ある意味でターニングポイントでもあり「そこそこ語れる」曲だったりします(笑)。ちなみに私・むろかつ的には、たまたまなんとなく見てた日テレ系の「歌のトップテン」という番組で、さだが高熱をおして出演しこの歌を熱唱してたのを見て「なんつー人だ」と、さだまさしという人をほぼ最初に興味を持った歌でもありました。

そして早押しクイズ的には企業問題にめっぽう強いLinerさんが正解して+7としてひっさつ会長と1点差に。「俺、タバコを吸わないのに」と苦笑いしながら物凄いポイントで押して正解してました。

Q34:ファッション用語で、高級注文服のことをオートクチュールと言い/ますが、高級既存服のことを「そのまま着られる」というフランス語から何と言うでしょう?

A34:プレタポルテ(ハマクドー○+4)

さだの歌→「建具屋カトーの決心:デーシーブランドの、プレタポルテったって おめえ」

1989年6月1日にリリースされたさだまさしの通算36枚目のシングル曲。当時のフジテレビ系人気音楽番組だった「夜のヒットスタジオDX」のマンスリーゲスト(その月だけ4週立て続けに出演するゲストってのがおりました)で出てたさだが、3日間徹夜して曲を作って生放送で披露してそのままCDシングル化した…というなかなか珍しい経緯でできた曲でした。

で、ここに出てくる建具屋のカトーさんというのは、さだが学生時代に市川で下宿(バイオリン修行のために中学の頃から上京してたんすね、長崎から)していてその大家さんとこの息子の友達…という縁で知り合いになったという昔っからお世話になっている恩人であり、兄貴分である親友…という事なんですが、ステージトークやラジオのトーク、その他エッセイなどでこの人の名前がよく出てくる割には、どんな経緯で知り合い、仲良くなったのかは私は知らなかったんですが、

ここ数年前に出たこの自伝的小説で建具屋カトーさんとの出会いの話が出てきて「なるほど、ここからの付き合いだったのか」と(笑)。そして早押しクイズ的には、ハマクドーさんが前半でビシっと押して正解をもぎ取っていきましてこれで+4に。佐伯さんも含めた3番手争いもなかなか熱い。

しかしひっさつ会長も負けておらず。

Q35:まずはこの曲をお聞きください(↓の曲が流れる)

この曲は1966年制作のフランス映画の主題歌をシャンソン歌手の高英男がカバーした曲です。曲名は「男と”何”」でしょう/?

A35:女(ひっさつ会長○+9)

さだの歌→「修羅の如く:次に女に 生まれたならば」

1989年11月17日にリリースされたさだまさしの通算38枚目のシングル曲。この年はさだにしては珍しくシングル曲を3曲もリリースしたという大忙しの年でその時の2枚目のシングルがこちらでした。

で、こちらは記憶が曖昧なので実際はさだかではないんですが、当時の「さだまさしのセイ!ヤング」では「今年の日テレの大晦日の年末時代劇スペシャル「奇兵隊」の主題歌です」と紹介された…んですが、この次の問題に出てくる「冬の蝉」に急遽変更された…という記憶があるんですね。なのでこの次の「冬の蝉」という曲が、シングルカットされたのが12月21日のことで、ま、事情はさだかではないんですけども「製作者側に何かがあった」んだろうなあ、と、そんな事を覚えてますね、なんとなくですけども。

なのでさだが歌ってる動画がなかったんでカバーされてる方の動画をどうぞ。ま、こんな感じの歌です、と。

そして早押しクイズ的にはなぞなぞに続いて音楽クイズまで登場する次第で、ここは洋楽邦楽なんでもござれのひっさつ会長が正解し+9に。いやーこういう問題の出し方もあるんだねえ、と(笑)

[Q35時点でのポイント:ひっさつ+9、Liner+7、ハマクドー・佐伯明日叶+4、龍・キヨミ+3、三好誤服店+2、むろかつ+1]

残るは5問。最後にどんな結末が待っているのか…次回もどうぞお楽しみに。

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。