2020/10月例会「第3回新・御大杯」報告記(7)・むちゃぶりイントロ編(その4)




こんにちわ、番頭役のむろかつです。こちらは2020/10月例会の7回目、「詳細編」の1Rの山田はまちさん企画「むちゃぶりイントロクイズ」の4回目・最終回になります。

ルール説明と前回終了時点での状況など。

おおまかなルールはこんな感じでした。

早押しのイントロクイズです。基本的なJ-POPの曲が流れます。
曲名はすべて8文字(4文字+4文字)です。(サブタイトルは除く)
曲名がわかったらボタンを押して下さい。
ただし、ボタンが押されたあと3秒ほど曲は流れ続けます。

ボタンを押した方は、曲名の最初の4文字だけを、他の方にわかるように答えてください。そして右隣か左隣のどちらかの方に、残りの4文字を答えてもらってください。(席順は最初に抽選します)

その後、隣の方が、残りの4文字を解答し曲名が完成して初めて正解となります。2名には1ポイントずつ入ります。

曲名を不正解、おてつきの場合は、ボタンを押した方のみ、次の問題の解答権がなくなります。
7ポイントで(一応)勝ち抜けとしますが、まわりの方が押して正解した場合はさらに得点できるものとします。また、スルーになりそうになったときは、曲の本編の歌いだし以降は押していただいてかまいません。

なお問題数は全57問です。

そしてQ43時点、Kavaさんが差し切り勝ちを果たした直後の各人のポイントは以下のとおりでした。

【Q43時点の各人のポイント】

むろかつ+2・ぽちょ兄貴+4・T本山+4・ばいそん彗星+4・Kava+7(1抜け)・あんどう+5・ハマクドー+1

佐伯明日叶+1・ひっさつ会長+5・自主規制神+6・神末永愛+1・タクミ・三好誤服店+2・チヨマル+2

そしてここまで首位争いを繰り広げてきた自主規制神さん・ひっさつ会長の隣どおしのお二人に、あんどうさんが+5、じわりじわりと試合巧者っぷりを発揮してきたばいそん彗星さん、更に本山さんとぽちょさんが+4…と、+7勝ち抜けをめぐっての終盤戦の激しい戦いが更にヒートアップしてきた感じになってきました。

今回はQ44からラスト問題までの報告記です。

Q44「真夏の太陽(大原櫻子)」スルー

2015年7月22日にリリースされた大原櫻子のメジャー3枚目のシングル曲で、「白猫プロジェクト」CMソングだったそうです。ま、あの当時、「へー、広瀬すずって歌も歌ってるんだ」と大原櫻子と広瀬すずの区別がちっともついてなかった阿呆な番頭役がここに(爆)。で、この問題は実は「太陽シリーズ」の続きだったんですがスルーでした。

Q45「真夏の夜の夢(松任谷由実)」自主規制神/ひっさつ○→自主規制神2抜け!!

1993年7月26日にリリースされた松任谷由実の24枚目のシングル。TBS系ドラマ「誰にも言えない」の主題歌としても使われて大ヒットし、現時点ではユーミンにとっては最大のヒット曲となっているそうです。っかしこの動画、画質があまり良くなくて最初は「ひょうきん族」かなにかの番組で山田邦子がモノマネでもしてんのかと(以下略)

で、ここの曲では(当時の時代を代表するような大ヒット曲だったこともあって)最初のパーカッションの出だしの部分でガッと押されるシーンが見られ、ランプをつけたのは自主規制神さん。これがひっさつ→自主規制神両氏の順番、つまりは今回と逆のパターンだと先に勝ち抜けされるリスクはあるんですが自主規制神さんご本人からすると全くリスクはないのでやはり隣のひっさつ会長を指名して「真夏の」「夜の夢」で正解し2抜けを果たされました。

Q46「天使のウィンク(松田聖子)」ひっさつ/佐伯明日叶○→ひっさつ3抜け!!

1985年1月30日にリリースされた松田聖子の20枚目のシングル曲。この直後に俳優の神田正輝との婚約・結婚が発表されて、更に出産を経るまでの数年間活動休止期間に入る直前の、結婚前最後のヒット曲になったそうです。

で、この問題、かなり早い段階でひっさつ会長とばいそん彗星さんの押し合いとなり、ランプがつなかったばいそんさんをして「うそーん」と嘆くほどのスピード勝負でした。一方でひっさつ会長、(既に一足先に勝ち抜いてリスクがなくなった)自主規制神さんを指名するのかな?と思ったら佐伯明日叶さんを指名。そこから「天使の」と言われて悩みつつも「ウィンク」と正解の4文字をひねり出すナイスプレーを。結果、ひっさつさんの3抜けをナイスアシストする結果に。そして佐伯明日叶さんは+2ということに。

Q47「モンロー・ウォーク(南佳孝)」むろかつ/チヨマル×

1979年4月21日にリリースされた南佳孝の6枚目のシングル。と同時に翌年、歌詞の1番の部分を使い回されて「セクシー・ユー」というタイトルで1980年1月に郷ひろみの33枚目のシングルとしてもリリースされている曲でもあります。

実は南佳孝氏はこの曲を出した後に活動休止して海外に行っており、同じレコード会社だった郷ひろみに曲を提供して収入源を得ていたという逸話があったそうです。そういうわけで(←どういうわけだ?)ここはむろかつが暴発ぎみに誤答したわけですが、むろかつとしては「なんか郷ひろみの曲っぽいぞ→お嫁サンバかな?」のつもりでつい押しちゃった、という次第でした。ま、例によって文字数度外視で押しちゃったんすけども(^_^;)

Q48「ねじれたハートで(桃井かおり・来生たかお)」スルー

1982年7月21日にリリースされた桃井かおり・来生たかおのシングル曲。若い頃は桃井かおりは歌手としても活動しており、こちらで10数枚目のシングル曲だったそうです。しかしいい感じのイントロで懐かしさも…。ただしスルーでしたが。

Q49「二人でお酒を(梓みちよ)」ばいそん彗星/T本山○

1974年3月25日リリースされた梓みちよのシングル曲。この11年前に発表した「こんにちは赤ちゃん」の大ヒットで人気歌手になったものの「いつになったらこの曲から抜け出せるんだろう」と悩み続けていた先のこの曲のヒット曲でご本人もずいぶんと嬉しかったそうです。

で、ここの問題で押したのはばいそん彗星さん。この時点では既に「本山さんは古めの曲がかなり得意そうだ」と気づいてたそうでやはり本山さんをご指名し、ナイス正解劇でした。そしてばいそんさん・本山さん共に+5となりイイシャンテンまで到達しておりました。

Q50「MR.TAXI(少女時代)」スルー

2011年4月27日に発売された韓国の女性アイドルグループ・少女時代の日本では3枚目のシングル。少女時代のグループ的には初の日本オリジナル楽曲だったそうです。しかしこの人達も含めて、本当に日本でCDを売る韓国の歌手の人たちは日本語がうまいなあ、よく勉強してるなあ…と感心しちゃいますね、まあかの国の政治体制はいつもの事ながら日本のそれ同様になかなか「アレ」ですが(←よしなさいw)。

で、山田はまちさんいわく「スルーになるかもしれないですねー」という前フリからこの曲が流れたんですが残念ながらスルーでした(^_^;)

Q51「他人の関係(金井克子)」ばいそん彗星/T本山○

1973年3月21日に発売された金井克子の31枚目のシングル曲で本人にとっては100万枚以上売り上げた最大のヒット曲でした。「パッパッパヤッパー」のイントロや指差し確認のようなキビキビとした振り付け(もともとはバレエダンサーだったそうですから)で当時は話題を呼んでたそうです。

で、ここの問題、既に勝ち抜いていて「歌手の歌が始まらないと押せない」ルールだったひっさつ会長がイントロを聞いて例の金井克子ばりの振り付けを小さくやってた…んですが、押したのはばいそん彗星さん。そして「古い曲だから行けるでしょー」とまたも本山さんを指名すると「他人の」「関係」でこれまたナイス正解。いよいよ揃って+6、リーチをかける展開になってました。あ、そうそう、正解が出た後にKavaさんが「パールライスのCMを思い出す」とおっしゃってたので、ええ、探してきました。

↑ぶはははwww

Q52「明日がくるなら(JUJU)」佐伯明日叶/ひっさつ×

2009年4月29日発売されたJUJUの10枚目のシングル。映画『余命1ヶ月の花嫁』の主題歌でCDよりも着うたなどのダウンロードで大ヒットした曲だったそうです(なんとなく携帯電話のCMでよく聞いた記憶があります)。で、ここでは佐伯さんがひっさつさんに振るも前半部分でブザーが鳴って誤答という次第に。

Q53「SAMURAI DRIVE(hitomi)」自主規制神/神末永愛×

2002年1月9日に発売されたhitomiの23枚目のシングル。ビデオをよくよく見ると「あー、マラソンの高橋尚子を思い出す」と私・むろかつがひとりごちしてたんですが、実はそれは、

5曲ほど手前のシングル曲だった「LOVE2000」だったという事にたった今気づいた始末で(爆)。で、クイズ的には自主規制神さんが歌詞が出た後に押して神末さんに振るも「サムライ」「魂」となんか惜しい誤答が。「なんかそれで曲作れそうですね」とは山田はまちさんの評でした(笑)。

Q54「はがゆい唇(高橋真梨子)」三好誤服店/チヨマル○

1992年5月16日に発売された高橋真梨子の18枚目のシングル。TBS系ドラマ「眠れない夜をかぞえて」主題歌だったそうです。で、ここを押したのは三好さん。左側のチヨマルさんを指名し「はがゆい」「くちびる」で正解して揃って+3になりました。

Q55「失恋記念日(石野真子)」ハマクドー/あんどう○

1978年10月5日に発売された、石野真子の通算3枚目のシングル。この年の音楽賞レースの新人賞をほぼ総なめにするほどのヒット曲だったそうです。冒頭のイントロ部分の「ノンノンノノン」ところの曲とそのあたりの独特の振り付けが当時とても人気を博してたそうです。

で、ここの問題はその「ノンノンノノン」でハマクドーさんがビシッと押して、隣のあんどうさんを指名し「失恋」「記念日」で正解。ハマクドーさんは+3、あんどうさんは+6…で、これでばいそんさん・本山さんと共にリーチで並んだ。

Q56「結婚しようよ(吉田拓郎)」佐伯明日叶/ハマクドー○

1972年1月21日にリリースされた吉田拓郎のメジャー4曲目のシングル曲。この曲が大ヒットしたことによってフォークソングというジャンルがメジャーシーンに押し上げられたという意外に日本邦楽史に大きな影響を与えた曲だったそうです。

ここの問題はギターのイントロ部分でほぼほぼ見極めをつけてた佐伯さんが「♪ボクの髪がー」で確信を持って押してた感じで、ハマクドーさんとも共にゆうゆうと正解してました。これで佐伯さんが+3、ハマクドーさんは+4ということに。

Q57「Lovers Again(EXILE)」チヨマル/むろかつ×

2007年1月17日に発売されたEXILEの22枚目のシングル。着うたでダブルミリオンを達成したヒット曲だったそうです。で、ここの問題はチヨマルさんが押してむろかつに振ったものの、チヨマルさんいわく「歌詞は出てくるんだがタイトルが出てこない」ということでタイムアップに。ま、私・むろかつもちっともわかんなったんすけどね(^_^;)

総合結果とその補足。

というわけで以下のような結果になりました。

【Q57終了時点の各人のポイント】

むろかつ+2・ぽちょ兄貴+4・T本山+6・ばいそん彗星+6・Kava+7(1抜け)・あんどう+6・ハマクドー+3

佐伯明日叶+3・ひっさつ会長+7(3抜け)・自主規制神+7(2抜け)・神末永愛+1・タクミ・三好誤服店+3・チヨマル+3

というわけで、この企画はKavaさんが優勝し、天元のタイトルを獲得となりました。おめでとうございます。

一応、補足として書いておきますと、当日のポイントと改めてVTRチェックした後のポイントにズレがありまして、具体的にはぽちょさんのポイントが+1少なく、ばいそん彗星さんのポイントが+1多いことが判明しました。

なので現場ではばいそん彗星さんは「4抜け」で勝ち抜いてるハズなのですが、VTRチェックでは+6のリーチ圏で終了し、こちらの記録では「単独4位(4抜け)」ではなく「4位タイ」ということで記載させていただいております(当日の勝ち点的には影響はほとんどありません)。もしかしたら後日、改めて調べたら誤差が出てくるかもしれません…が、今のところはそんなところです。

山田はまちさん企画の詳細版の報告記は以上です。次回からは3Rのむろかつ企画「2段階早押しボードクイズ」の詳細編をお送りいたします。ではまた。

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。