2018年10月例会「新・御大杯」報告#3【ご指名カルタ編】




第2ラウンドは、この日のメイン企画と言っても良い、磯部さんのデビュー企画でした。「Qさま!」の「ご指名カルタ」を自作して披露・出題してくださったんですが、とても「はじめてのクイズ企画」と思えぬクオリティで皆、びっくりでした。

スポンサーリンク

とても初企画とは思えないクリオティーでした(驚)

1ラウンドが終わった直後にこの日初参加の「キング先生」さんがいらっしゃいました。なんか風貌が本山さんに似ていて、なんとも「なんかはじめまして。って感じぢゃないですねー」などと和気藹々な雰囲気で2ラウンドに入りました。

今回はプロジェクターにむろかつのノートパソコンを使って、磯部さんがフラッシュメモリーでデータを持ってきて出題しました。

抽選でこの順番に並びまして、以後、ローリングとなります(右端の本山さんから1枠、ハマクドーさんが2枠…で、最後がひっさつ会長の9枠となります。3枠のLinerさんと5枠のぽちょさんの間が、4枠のむろかつとなります)。

ジャンルは全部で8。それぞれ25人分の人物クイズ(中には音楽が流れてくる問題もありました)があり、「最後まで生き残れば」1ポイントが入る…という形式でしたが、なかなか磯部さんの難易度調整が絶妙で、「これ全員、ゼロで終わってもおかしくねえな?」的な事もツッコミが入るような後半の難しさが良かったですね…。今回のメインレースである「新・御大杯」の元となった(むろかつやハマクドーさんが長年在籍してたサークルでの)ジャンボ林原さんの「御大杯」を彷彿とさせる、「クイズ知識だけでは勝てない」なかなかおもしろい企画でした。

で、最初のQ1「直木賞・芥川賞作家」という問題でした。

ここらへんはまだ序の口(テレビやラジオ等でも話題になった人でしたので)だったんですが、

少しずつ難しくなっていきまして、着席する人が続出し、

「安岡章太郎」あたりで皆、「うーむ」と。このローリング形式もやはり「自分の番じゃない時は分かる問題がやってくる」という法則が炸裂しまくってまして、むろかつは誤答した問題の後に「林真理子」がやってきまして「うーわー」と(笑)

※ちなみに私は安岡章太郎の問題はマジで「山本周五郎」だと思ってました。まあ小説の類をほとんど読まないんで…(苦笑)

で、「角田光代」も「うわー」とすでに失格になった面々が天を仰ぐ始末でしたw

「わかりそうでわからない」難易度と設問が絶妙で(笑)

2ジャンル目は「世界史に出てくる人物」。

ひっさつさんが「アルキメデス」を正解してました。序盤は、ゴルバチョフやワシントン、ビスマルク…などそこそこ難易度がわかる程度だったんですが…、

中世史・古代史あたりでバタバタと誤答者が続出し、ここでもポイント獲得者は出ず。ちなみにむろかつは終盤に出てきた「ジョセフ・マッカーシー(赤狩りで有名)」に地団駄を踏む始末。「さすが怪しい事件史」とツッコミを喰らうし(爆)

3ジャンル目は「京都大学の出身者」。元祖「Qさま!」で「東京大学の出身者」という問題が出たのでそれをヒントにしたそうですが…。

「辰巳琢郎」とかはスムーズに出たり、「大島渚」の時は実は序盤のジャンルで「野坂昭如」が出てたので磯部さんが意図せぬところでプレイヤーに大ウケしてたんですけども、

「鳥越俊太郎」をハマクドーさんが思い出せずに轟沈するなど、やはりポイントが誰も入らない(別の意味での)大接戦に突入してました(笑)

Q4は「太鼓の達人に収録された曲があるアーチスト」なる問題。おっさん世代の連中そこで固まる面々多し(爆)

ここではパソコンのスピーカーから直接音楽が流れるようになってたんですが、中島みゆき、一世風靡セピア、大滝詠一…とかがあるのは驚いたなー。

↑…誰?(;゚Д゚)

最初は緊張気味だった磯部さんも途中から解説をぽつぽつ適時に入れるようになるほどリラックスして企画を進めるようになりました。

そして初ポイントが(笑)

Q5「過去、タモリ倶楽部に出演していた人物」。ここも全滅だったんですが、最後に出てきたのが「麿赤兒(まろ・あかじ)」。「いやあ麿赤兒なんて何年ぶりに聞いたかその名前」とむろかつ苦笑い。

Q6「小惑星の名前の由来となった人物」。ニュートン→空海→湯川秀樹→ピタゴラス→フレディ・マーキュリー(クイーンのボーカル)…と正解し続けるが、クイーンを歌わせたら天下一品(?)のひっさつ会長のとこに回ってくるとはなんという強運か(笑)

で、「薬師丸ひろ子」も音楽付きで出題されてくーちゃんさん正解してましたが…小惑星があったのか(;゚Д゚)

なおここのセット、ラスト5問で5人も残ってまして、

最終的にはひっさつさんとハマクドーさんが最後まで生き残り、仲良く1ポイントずつ獲得、となりました。

そして残る2問は、「Googleのトップページの記念日等で出てきた人物」「2017年に開催された展覧会にまつわる人物」という問題でしたが、いずれもポイント獲得者が出ず、

ハマクドーさんとひっさつさんが仲良く1pずつ獲得ということで同点優勝、この企画は「天元戦第6期」でもありまして、正規の天元位を持つおぐのりさんがお休みだったので、仲良く(?)両者が暫定天元ということになったのでした。

企画後、磯部さんが「難易度、難しすぎたですかね…」とおっしゃったんで、「いえいえ、こんぐらいの優勝者が出るか否か、とか自分の番以外でわかる問題が回ってくる難易度がちょうど良いですわ。本当にいい企画をありがとうございました」と頭を下げてお礼を言うむろかつでした。

つづきます。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へにほんブログ村 その他趣味ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクイズサークル岩Q槻をフォローしよう!




シェアはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。