2020/02月例会報告(15)「3R:「トリオイントロクイズ」詳細編(その3)」




こんにちわ、番頭役のむろかつでございます。2020/02月例会企画・3R「トリオイントロクイズ」の詳細編の3回目になります。ここではQ21-30あたりの問題出題時の模様などをお送りいたします。

基本ルール等はこちらをどうぞ。

【2020年2月例会】3R・山田はまちさん企画「トリオイントロクイズ」のご紹介

2020年2月12日

↑基本ルール

2020/02月例会報告(14)「3R:「トリオイントロクイズ」詳細編(その2)」

2020年4月25日

↑前回(詳細編その2)の記事です。

↑Q1の直前に実施したカード抽選で以下のような席順に決まりました。

なおQ20時点での得点状況は以下の通りでした。

【Q20時点:磯部+7(1位確定)、ケーニヒ+6、わん+6、三好+4、Kava+2、むろかつ+2、ハマクドー+2、ひっさつ+2】

問題は全部で50問。つまりここらへんが折り返し地点となっていきます。既に磯部さんが+7に到達し1抜け、そこに2位抜けをわんさんとケーニヒさんが競っている…といったところです。

磯部氏に続いてわん・ケーニヒ両氏が勝ち抜けた。

Q21「JOY!!(SMAP)」わん「じ」→磯部「」×(わん、次問題早押し参加不可)

イントロが終わりかける頃ギリギリにわんさんがポンと押して、おそらく香取慎吾らしき声の歌声が流れてほとんどのメンバーは「あ、SMAPか」とわかったようでしたが、答える時にわんさんが「これはどうやって答えればいいのかな」とぽつり。結局は「じ」と答えるも、次の磯部さんがわからずにブザー。確かに「JOY!!→じ・よ・い」は答えづらいですな…。

で、調べたらこの曲は2013年のリリースされた50枚目のシングルだったそうで、SMAPは「解散」するまでに55枚のシングルをリリースしていて、つまりはグループ最晩年の頃のシングル曲だったそうです。そしてこの曲で「オリコン史上初となるデビューから50作連続のトップ10入りを達成」も果たしたとのこと。さすがにジャニーさんご存命時の曲で、ジャニーズ事務所が最もネットに肖像権とかが厳しい時代だったんでネット上にMVなどの動画とかはほとんど見つかりませんでした(苦笑)。

Q22「光(宇多田ヒカル)」磯部「ひ」→わん「か」→nao「り」○(磯部+2、わん、nao+1→わん2位確定)

イントロ開始とほぼ同時に宇多田ヒカルの歌声が流れたので「歌手の歌声が流れたら押して良し」の磯部さんがポンと押しまして、わんさん、naoさんと繋いで正解と。これでわんさんが+7に到達し2位を確定させてました。

しかしこの曲、2002年のシングルでもう18年前なんだよな…。個人的には「どの曲も、誰が歌ってもみんな同じ曲」にしか聞こえない小室哲哉の時代を一気に宇多田ヒカル(と、宇多田ヒカルと似たような売り出し方をしてやはり大ヒットしてた倉木麻衣)の台頭で木っ端微塵にふっ飛ばしてくれたのはとにかくあの時代ラジオを聞きまくってたんで「快感」でしたなあ(笑)。

Q23「ら・ら・ら(大黒摩季)」三好「ら」→ケーニヒ「ら」→磯部「ら」○(三好+2、ケーニヒ・磯部+1→ケーニヒ3位確定)

大黒摩季の1995年2月にリリースされた本人最大のヒット曲(130万枚売れたそうです)。三好さんが颯爽と押してリズムまで取ってる始末で。その後、三好→ケーニヒ→磯部と、3人とも「ら」と答えて正解(笑)。ちなみにむろかつはテレ朝の「味いちもんめ」(SMAPの中居クンが主役をやってましたな…どうもこれが中居クンにとってはドラマ初主演だったそうです)を視てたので内心、「ん、聞いたことある。あー、「味いちもんめ」の主題歌か」と思った刹那、その時点でもう三好さんが押してたと(爆)。

これでケーニヒさんが3位確定。そしてケーニヒさんいわく「俺、一度も押さずに勝ち抜いちゃった」と(^_^;)

そしてひっさつ会長、席順抽選の不運に泣かされ始める(苦笑)

Q24「あばよ(研ナオコ)」ひっさつ「あ」→三好「」×→ケーニヒ「よ」(ひっさつ、次問題早押し参加不可)

研ナオコの昭和51年にリリースしたシングル曲で本人にとっては最大のヒット曲。作詞・作曲が中島みゆきで、確かに歌詞と曲を聞いてると中島みゆきが歌ってそうなメロディになってるのがまた(そして中島みゆき本人も、この3年後の1979年に他の歌手にプロデュースした曲を集めてセルフカバーしたアルバムの中の一曲としてリリースしたそうです。故にタイトルは「おかえりなさい」でした)。

で、懐かしそうなイントロが流れ、押したのはひっさつ会長でした。ところが隣の三好さんが全くわからず、そして更に隣のケーニヒさんが「よ」と答えていて…いやー、ひっさつ会長、完全に席順抽選の不運が(というか「隣が三好」という疫病神っぷりに)来てるなあ。で、会長、苦笑いしつつ「このヤロウ」と冗談でポカポカ殴るしぐさをし、ハマクドーさんいわく「まさに三好さんが「あばよ」」…とそこでうまい事を言わんでも(以下略)

Q25「JAM(THE YELLOW MONKEY)」わん「じ」→磯部「や」→ケーニヒ「む」○(わん+2、磯部・ケーニヒ+1)

THE YELLOW MONKEYの1996年2月にリリースされた9枚目のシングルで、レコード会社を替えて路線変更してのグループ初の両A面シングル(もう一曲は「Tactics(タクティクス)」)。この曲が意外にロングヒットを続けて80万枚を売り上げて上昇気流に乗れた一曲だったそうです。

いずれも勝ち抜いてる3人なので変動はなし。それよか企画開始前の説明の段階でむろかつが何気なく「ということは、ジャムの場合は、じ・や・むと答えればいいんすね」とか言っていたら本当にそんな問題があってむろかつ大焦りで「本当にあるとは思わなかった…すんませんでした!」と(爆)

Q26「HELLO (福山雅治)」ひっさつ「は」→ハマクドー「」×(ひっさつ、次問題早押し参加不可)

こちらは1995年2月にリリースされた福山雅治の10枚目のシングルで、オリコンでは12cmシングル(マキシシングル)での初のミリオンヒットとなった曲(通算187万枚)だったそうです。で、押したのはひっさつ会長。「は」と答えて正解だったが隣のハマクドーさんがわからず残念ながらブザー。しかし興味深かったのは、反対側の三好さんはわかったような顔をしてて「回答権がほしかったー」みたいな事を言ってたんですが、「え、ハニーじゃないの?」とも言ってたんで、いやーどっちにしても会長、やはり席順抽選が(泣)。

…しかし↑のMV、もう25年前なのにほとんど福山雅治の風貌が今と変わってねえのが凄い(苦笑)。

おっさん連中が全くノーリアクションなのが凄いな、坂道(爆)

Q27「キュン(日向坂46)」磯部「き」→わん「せ」×(磯部、次問題早押し参加不可)

日向坂46が2019年3月にリリースした曲で、オリコンのヒットチャートでは平成31年4月第2週にシングル1位を獲得し、その後、多少のランキングの上下はありつつも令和元年5月第2週に「令和初のシングルチャート1位」を記録したそうで、つまりは「史上初めて、平成と令和で同一曲で1位を獲った曲」とのことです。

で、回答権的には磯部さんが取って「き」と答えるも、わんさんもわからず「せ」、naoさんも勢いで「き」と言うもさすがにブザーでした。しかし反対側のnaoさん・三好さんから司会者側に座ってるおっさん陣(つまりはnao・Kava・むろかつ・ハマクドー・そしてひよしコンビ)は全くのリアクションなし。その雰囲気に気づいて(自分もその一人のくせに)むろかつがぷっと吹き出す始末(をい)

「うーん、新しすぎるなあ」って席の右側の連中、みんな黙っちゃってるし(大汗)。

てか、ぶっちゃけ乃木坂も欅坂も日向坂も区別できねえし、区別するつもりもないしという面々のリアクションの薄さは…そんな連中に囲まれてMCやってた山田はまちさん、本当に申し訳ない(号泣)。

※何せここでむろかつが「えーと、あのゴルゴ13みたいな鉄仮面みたいなメインボーカルの女の子が辞めたのって…」というと、「いやあれは欅坂です」とツッコミが入る始末で。

てか、↑それで誰だかわかるのも凄いなこりゃ(笑)。

「野猿」がもう20年以上前なんだ…( ゚д゚)ポカーン

Q28「叫び(野猿)」Kava「さ」→nao「」×(Kava、次問題早押し参加不可)

「とんねるずのみなさんのおかげでした」のスタッフと、とんねるずがグループを組んで本当にメジャーデビューしてヒットしてしまった「野猿」の1998年9月にリリースとした2枚目のシングル曲。いやー、一昨年1月に急逝した岩Q槻メンバーだったガソダム氏が生前、よくカラオケで歌ってましたわ。で、ここではKavaさんが押して「さ」と正解するも、隣のnaoさんがわからずブザー。いやーもう22年前の曲になるのか、と。

Q29「ヒカレ(ゆず)」磯部「ひ」→ケーニヒ「」×(磯部、次問題早押し参加不可)

2014年2月にリリースされたゆずの41枚目のシングル曲。日本生命のCMソングで流れていたのでサビまで聞くと「あー、あれか」と思い出す面々が多し。で、ここも押したのは磯部さん、誤答したのはケーニヒさんだが両名とも勝ち抜いてるので順位変動はなかった。

そして三好さんは逆にひっさつさんのアシストで勝ち抜けた(爆笑)

Q30「氷雨(日野美歌)」ひっさつ「ひ」→三好「さ」→ケーニヒ「め」(○、ひっさつ+2、三好・ケーニヒ+1→三好4位確定)

押したのはひっさつさん。女性歌手の問題という事で次に回ったのは三好さん、そしてケーニヒさんが「ひ」「さ」「め」で正解し、三好さん、さんざん「押した」ひっさつ会長の足を引っ張りまくった挙げ句、自分はちゃっかりひっさつ会長のアシストできっちり+7で勝ち抜けるという実に「らしい」展開を見せて、全員大爆笑でした(苦笑)。

ちなみにこの曲、最初は1977年に佳山明生という男性演歌歌手のシングル曲でリリースされ、佳山氏本人が手売りするなどでじわりじわりをロングヒットを続け、その後、箱崎晋一朗というムード歌謡の歌手が1982年10月にシングルリリースし、更にその2ヶ月後に、日野美歌が自身2枚目のシングル曲としてリリースしたら大ヒットして翌年の紅白歌合戦に出ることになった…という、近年のヒット曲の中では極めて異色な売れ方をしたものとして知られてるそうです(で、イントロの問題設定は日野美歌の曲だったんで女性歌手問題ということだったようです)。

↑で、佳山明生と日野美歌のデュエットした曲も動画にありました。

…しかしまー、Wikipedia情報によると、今上天皇のカラオケ18番がこの曲だという記述が。「いやいや本当かよ?」と思って更に検索してみると、

新天皇陛下は私の「氷雨」を唄って下さいます。

↑その佳山明生氏の公式ブログより。いやー、これ本当っぽいっす(^_^;)

席順抽選の妙が凄い…。また笑いの神様、やりやがった(笑)

この結果Q30時点では、こうなりました。

【Q30時点:磯部+11(1位確定)、ケーニヒ+9(3位確定)、わん+9(2位確定)、三好+7(4位確定)、ひっさつ+4、Kava+2、むろかつ+2、ハマクドー+2、nao+1】

とまあこんな感じに。幸いにも全員が1ポイントは入ったのはよかったよかった。

さて残りは約20問となります。次回もお楽しみに(つづく)

↑わざわざ平手友梨奈とゴルゴ13を並べるんじゃない(爆)

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。