2018/05月例会「第1回岩槻記念」報告#3【歌詞朗読クイズ(2)】




前回の記事の続きです。予選Bブロックではこの企画の「2強」と呼ばれていた、ひっさつ会長とおぐのりさんが登場。「さて彼らが何問で抜けるのか」「3番手争いが激しくなりそうだ」という話でもちきりでした…。

Bブロックは手前からLiner・佐伯明日叶・おぐのり・kava・ひっさつ・くるみ…の各氏と、更にミニコミ誌の記者である須藤さんが実際に早押しクイズに参加してくださいましてこの7名での対戦となりました。が、2強の中に入れられちゃってここらへんはなんとも(苦笑)

なお形式はAブロック同様、5ポイント勝ち抜け、3回誤答失格でした。

予選A組で終わった三好夫妻、組合サトー。が、もぐもぐタイムを(笑)

ところが、大方の予想どおり(?)、ひっさつ・おぐのり両氏がここから独占状態になるとは(^_^;)

おぐのりさんが2pまで先行するも、そこからひっさつさんが一気に連取に成功してわずか8問でひっさつさんが「涙そうそう(夏川りみ)」+5に到達するとは(汗)

で、その3問後に「北の宿から(都はるみ)」を正解しておぐのりさんが2抜けしていきました…いやあ凄い(笑)

で、ここから実質的に5○3×の1人抜けという企画が始まりました、という声が(をい)

その合間の組合サトー。の的確なツッコミとむろかつの丁々発止がまたおもしろすぎました(笑)

この後、くるみさんも記者の須藤さんもボタンを押して正解しまして、その都度、温かい拍手が起きてました。ここらへんのホスピタリティはいいですね、やはり(笑)。で、気づけば5人が全員+1で並ぶとは…。

1抜けして決勝を待つひっさつ会長。

で、3位抜けはここから飛び出したKavaさんがQ50の「青春時代(森田公一とトップギャラン)」を正解して勝ち抜けとなり、

最後の1枠が決定しました。

これで決勝進出の6人が決まったんですが、少し年上(キヨミさん・ひっさつさんの4歳上)のハマクドーさんを除くと、キヨミさん・ひっさつさん・むろかつ・おぐのり氏・Kavaさん…と、前後4歳差のメンツが5人というほぼ同世代の対決ということに(しかもいずれも自分が生まれた頃の比較的古めのヒット曲に強い強い…)。しかし2強はほんとーに強かった。さて誰がこの2強を止めることができるんでしょうか…。

ちなみに自己紹介タイムでむろかつは「贔屓にしてるサッカーの甲府の試合がこの例会の真裏であるんですが、たぶんまた得点力不足が祟って引き分けでしょうね」なんて言ったんですけど、この時間帯にスマホでスコアチェックをしたら…、

おやー?(;゚Д゚)

つづきます。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へにほんブログ村 その他趣味ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクイズサークル岩Q槻をフォローしよう!




シェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください

ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。