2018/11月例会 1R「負けるが勝ち! ババ抜き選手権2018」について




こんにちわ、番頭役のむろかつです。昨日のハマクドーさんの第2ラウンド企画の概要に続きまして、第1ラウンドのタニシ氏の企画概要の紹介です。いやあ今回もなかなか(笑)


スポンサーリンク

企画の概要

(以下はタニシ氏がmixiコミュに書いた記事を転載してます)

例会4日前です。概要を発表致します。

企画名「負けるが勝ち! ババ抜き選手権2018」

※今回は「第2回残念特別」ということで、最後までジョーカーを持っている方が優勝です。

・私が用意するもの トランプ2組 抽選用と競技用 キッチンタイマー

予選

1グループ 3人~4人を想定 各グループ1人 勝ち抜け
※予選は1グループずつ行う。

例 参加者9人の場合
抽選を行う A~9までのカードを使う。

1組「A23」 2組「456」 3組「789」 3グループに分かれる。
ババ抜きを行う場合は囲むように椅子に座っていただく。

上記の①は、A→2→3と時計回りに行う。

※ 制限時間を設ける。カードを配り終わってから、1ゲーム10分とする。
10分経っても決着がつかない場合は、タイムアップの時点でジョーカーを持っている方の勝ち。

決勝

各組・勝ち残った進出者で優勝決定戦を行う。順番は再度抽選で決める。

備考:予選の組み合わせの想定

→8人以下 最大4人×2グループ
→9人/3人×3グループ
→10人/4人1グループ、 3人×2グループ
→11人/4人×2グループ、3人1グループ
→12人/4人×3グループ

(以下は番頭役・むろかつが書いてます)

前回の10月例会が、どちらかというと「やわらかい」系の企画群が多かった(とはいえ、4Rにぽちょさんに早押し企画をやっていただいてバランスは取れたので何よりでした(多謝))のに対し、今回の11月例会が「かたい」系のクイズ系の企画群の開催時間が長いと思われるので、タニシ氏がこの企画を持ち込んできた時には「いやあ、バランスをよくわかってるなあ。すごいなあ」と思った次第でした(笑)。

最終的には明日あたりにアップするんですが、3Rのむろかつ企画もジャンケン企画なので、今回の2Rのハマクドーさんの企画と、クイズ:バラエティの比率がトントンになる予定です、はい(時間が余ったらまた4Rで早押し戦があるかもしれませんけど…)。

でも企画の肝の部分がいいですね。「今回は「第2回残念特別」ということで、最後までジョーカーを持っている方が優勝です。」の部分が。ちょうどアメリカでは中間選挙が行われて、上院・下院で与党が違ってしまうという傍目から見るとこれほど「おもしろい」事態もないもんで、まあトランプ大統領だけに企画もトランプで(をい)。ま、それはともかく、例会当日をお楽しみに。

以上です。

[画像]言わずもがな…ですなw

(Text by タニシ/構成:むろかつ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクイズサークル岩Q槻をフォローしよう!




シェアはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。