2020/08月例会「第3回精霊流しステークス」について(企画概要編)




こんにちわ、番頭役のむろかつです。8月例会の企画担当であるハマクドーさんから企画の概要がmixi日記でオープンになりましたのでこちらにも転載させていただきます。2月以来中断していた定例会まであと3週間半、いよいよだなーって感じですね(笑)

こんな感じで開催されるようです。

(以下はハマクドーさんが書いた記事になります)

残り半月を切りましたんで企画内容を公開します。

1R:早押し多答クイズ/15問限定

20P勝ち抜け

・早押しで起点(親)を決め、時計回りに解答。問題途中で押された場合は1巡するまで全文は読まない。また回答数は1巡するまで発表しない。

・親は正解2P、子は正解1P。親は最初の解答が不正解だった場合次の問題の早押し及びリレー解答の権利剥奪。親の2巡目の誤答及び子の誤答はその問題で獲得したポイントの没収

・子の1巡目及び親の2巡目以降はサレンダー(降りる)が出来る。サレンダーはその問題の解答権放棄の替わりに獲得ポイントが確定する。

・特別ルールは完答ボーナス。完答のラストを解答した場合は更に5P加算

各問題の解答数は5〜60、問題のヒントは

JR西日本
ゲゲゲの鬼太郎
元素
司馬遼太郎
立体
東京メトロ
武田信玄
漫才
落語
コント
百人一首
総理大臣
引退
淡海乃海
異世界食堂

2R:「歌え」/50問限定

・正解1P

(回答する際に←ここがポイントです)歌って正解2P/歌った曲が設定曲の場合更に5P

3P勝ち抜け、3×失格

3R:4レターコード

・早押しボードクイズ

・20問限定

・解答は必ず4文字になる

・早押し 正解3P 誤答‐3P
・ボード 正解1P 誤答0P

・10ポイント勝ち抜け
・‐10ポイント失格

4R:ジャンル別早押しクイズ

・15ジャンル中4ジャンル選択

・各ジャンル10問限定

・順位ポイントは1P以上獲得しないと発生せず。
・同点は全員にそのポイントを付与
・10問目の誤答は即失格
・2×失格

【予選から本選への進出人数・条件など】

予選は1〜4Rの獲得ポイントで競い、正解ポイントと順位ポイントの和の多い上位4名を決勝進出とする。

順位ポイント

1抜け 10P
2抜け 5P
3抜け 4P
4抜け 3P
5抜け以降 2P

また、失格は‐10ポイント加算

敗者復活戦:藤やん危機一髪

早押しクイズをする前に黒ひげ危機一髪を行う

飛ばない 正解 勝ち抜け
スルー 残留

飛ばした 正解 残留
スルー 失格

誤答は即失格。10問限定。勝ち抜けは最大2名

決勝:7〇3×

50問限定

…こんな感じで企画しますので当日はよろしくお願いいたします。

解説と補足と余談など

(以下は番頭役のむろかつが書いております)

前回の「予告編その1」の続編となる「企画概要編」をお送りしました。

2020/08月例会「第3回精霊流しステークス」について(予告編その1)

2020年7月12日

で、一昨年・昨年の第1-2回の同企画と比較して「おお、企画を随分と刷新もしくは入れ替えてきたなあ」って感じかしましたね。

具体的には予選最終企画の「ジャンル別クイズ」、敗者復活企画の「藤村くん…もとい黒ヒゲ」、決勝の「7○3×」は企画の順番の差異はありますが(黒ヒゲは一昨年は敗者復活企画、昨年は予選ラウンドで登場してました)、序盤から「一問多答」が入ったり、4文字の答えしばりの「4レターコード」や、そして問題文は普通に読まれるんですが歌って答えることもできる「歌え」という企画が入ったり…と、ああ、ハマクドーさんもこの3月から7月までの5例会が飛んだ分、やりたい企画やネタ案がいっぱいあって(もしくは出てきて)非常にうずうずしてたんだろうなあ、と思うようなラインナップだなと(笑)。

今回、注目すべき企画は予選2Rの「歌え」ですかねえ。

ちなみに「歌え」という企画に関しては、例えば…ま、万が一、ネタがかぶっちゃったら申し訳ないんですが(ま、ハマクドーさんは逆にバカウケしそうですけど(苦笑))、答えがこのメインレース名にも使われている、「精霊流し」だった場合、

このグレープ・さだまさしの「精霊流し」を歌って正解した場合は+2、そしてハマクドーさんが事前に「正解曲」としてこの(さだまさしorグレープの)曲をしてた場合は+5…で、この企画は+3勝ち抜けなので一発抜けができるかも、というそこが企画の肝の部分だったりします。

勿論、他の歌手の人が「精霊流し」という曲を歌ってるかもしれませんので、その人の曲でも+2(それなりに回答者側が説明する必要もあるでしょう。ちなみにこういう時は岩Q槻では皆で手分けしてスマホで検索して「審議」に入ることもあります(笑))、そして歌は照れちゃってとか自信がないという方は口頭で「精霊流し」と答えても+1、なので、過去、別のサークルでメイン企画や玉座戦に似たようなタイトル戦で開催した時にはどーなったかと言いますと、最初は慣れない面々は照れて歌わずに正解し続けるシーンが目立つのですが、「あ、行けるんだ」と思った途端に歌で勝負に入っていく人もいます。中にはハマクドーさんだったらこれしかないだろうと、指定された曲狙いで歌いに行って見事当てる人も外す(それでも+2にはなりますが)人も。

これは企画に参加しながらも傍目から視ていても結構おもしろく、各人の駆け引きや心理状態が手にとるようにわかるんで…更に2月例会の3Rで山田はまちさんが企画した「トリオイントロクイズ」で実際にわかったんですが、ここの界隈はイントロクイズが好きなもしくは得意な人や、洋楽邦楽に造詣が深い人も少なくないので結構熱い戦いが繰り広げられるかもしれません(ただし問題設定としては音楽は一切流れないんですけどね(笑))。もっとも、企画担当のハマクドーさんも素直のその曲を問題・問読みにしてくると到底思えない(?)ので、果たしてどういう変化球を投げてくるか。そのフリでその曲のタイトルが来ますか!という意外性もどうぞお楽しみくださいませ。

これは当日の例会も当然ですが事後の定例会報告を書くのが楽しみです、はい。

今後もハマクドーさんの予告編的な記事が更新されましたら、転載させてこちらに掲載したいと思います。以上です。

(Text by ハマクドー/構成・解説など:むろかつ(番頭役))

↑「歌え」で検索したらこんなナイスなのが出てきました(笑)

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。