【2020/07月現在】次回以降の定例会などの予定について。




こんにちわ、番頭役のむろかつです。先週の7月5日の定例会が新型コロナ禍で中止になってしまいまして、来月の8月例会から(現時点では)活動を再開する予定でおります。それについての今後の予定などをご報告いたします。あと、軽いコラムや近況なんかも。

8月例会からは「2部屋」借りて開催することになりました。

当初、6月例会から活動再開…の予定でしたが、ソーシャルディスタンスの兼ね合いで従来借りている、

↑この会議室Cだけでは定員が「18人の半分の最大9人」までしか使えないことになり、平均参加人数が2017年春の創立時より12-3人前後をキープしている(多少の変動はありますが)当会としてはキャパが足りないということで(更にその時は都県境を越えての移動に難があったこともあります)、8月以降は、

隣の会議室Bも一緒借りまして、CとBを仕切っている壁を取っ払ってもらい、

こんな感じで開催することになりました。これですと、2部屋とも定員は18名なので通常は最大36人、ソーシャルディスタンスの兼ね合いで半分の18人未満になったとしても、岩槻での通常例会では最多記録でも確か16人前後、東京例会でも18人ぐらいだったと記憶してますので、そこまで参加者は来る可能性はないだろうし、余裕を持って広々と使えるなあ…という事になった次第です。

8月例会担当のハマクドーさんも準備が着々と進んでいるようです。

で、次回の8月例会は、

2020/08月例会「第3回精霊流しステークス」のお知らせ

2020年6月14日

2020/08月例会「第3回精霊流しステークス」について(予告編その1)

2020年7月12日

ハマクドー氏の「第3回精霊流しステークス」を予定しております。日程が従来予定していた第1日曜日ではなく第2日曜日に変更されました(これは会議室を横に2部屋取るためでした、はい(苦笑))が、今年から8月例会は通常開催となる予定で、今後はハマクドーさんの単独企画(通常は「企画持ち込み例会」といって有志が交代で企画をやるのですが、単独企画では最初から最後まで一人ないし少人数で企画をプロデュースする例会となっています)として開催する予定です。

そのハマクドーさん、昨日、mixiボイスにこういうつぶやきをしておりました。

精霊流しステークス、とりあえず早押し問題をあと30問選定で完了。2R9問、4R1問、敗復&決勝20問なんで、今週中には何とかなりそう。2R9問が一番厄介なんだが…2Rの作問対象をもう少し増やしてから作問しますか。

…とのことです(笑)

基本的には早押しクイズから近似値クイズ、その他の形式まで実は「なんでもござれ」なプレイヤーのひとりで、逆に企画をプロデュースする側に回った際にも、一見、早押しクイズだけのように見えてもそこから無数のアレンジをする人でもありまして、今年もどうやら毎年恒例の「黒ひげ」も登場するようですし…ますます被害者友の会の面々が(をい)。

今後の予定とかも。

そして現時点では、新型コロナ禍がどのように展開(第2波、第3波がやってきてパンデミック化していくのか、それとも収束していくのか…)はわかりませんが、10月例会までは会議室を確保しております。もちろん2部屋壁を取っ払って使います(^_^;)

で、その後の予定としては、

No. 【2020年】 場所 メインレース/備考
26 08/02(第2日曜) 岩槻 第3回精霊流しステークス(ハマクドー単独企画)
27 09/06(第1日曜) 岩槻 第4回一公ステークス(G1)
28 10/04(第1日曜) 岩槻 第2回新・御大杯
29 11/01(第1日曜) 岩槻(予定) 第4回残念特別
30 12/13(第2日曜) 岩槻(予定) ガソダム記念(G1)
【2021年】
31 01/10(第2日曜) 岩槻(予定) 第4回さだまさし杯(2020/04月の代替)
32 02/07(第1日曜) 岩槻(予定) 第3回滑稽節杯
33 03/07(第1日曜) 岩槻(予定) 第2回ひよし記念

…と、「今後の予定」のとこにも一覧表を載せているんですけどもこんな感じになってます。

例年と違う点としては主に3つあります。

その1:恒例の昼食会を当面、中止にします。

基本的には岩Q槻では「クイズ・ゲームを媒介にコミュニケーションを取って仲間づくりに役立てば」というコンセプトで始めたサークルでして、例会本編前の昼食会…ま、実は定例会が行われている公共施設の入っている複合施設の「本館」(道路を挟んで反対側)のサイゼリヤに行ってるんですが…も、例会本編と同じぐらい大事にしてコミュニケーションを取る場としてやっております。

ただ、このソーシャルディスタンスの兼ね合いで毎度8-10人程度(午後から合流される方もいらっしゃいますので)とはいえ、100席程度はあるサイゼリヤも席数を間引いて営業してる可能性が極めて高いでしょうし、そういうとこに多少の大人数で行くのも正直どうかな、と思いまして、ひとまず今年いっぱいぐらいまでは午後12時半に岩槻駅改札前集合という事にいたします。そこから近所のセブンイレブンやマルエツ等に買い出しに行き、例会本編へ…ということになります。

その2:12月例会は東京ではなく岩槻開催です。

従来の予定ですと、岩槻での定例会の参加費等の剰余金が毎年ある程度は出ますので、それを使って12月は都心の貸し会議室を借りての東京例会ならびに忘年会というパターンだったのですか、今年は1・3月がもともとお休み、4-7月が中止、更に8月以降は2部屋借りる関係で剰余金がとても出る余地がなく(ま、去年以前の剰余金の残りでかろーじて赤字にはならんのがありがたい限りですが…)、12月例会は岩槻で通常の例会ということになりました。

その3:12月はむろかつ単独企画ではない…と思います、たぶん(←ん?)。

そしてその12月の東京例会の場合は借りている会議室の時間的制約の関係(午後1-5時まで。そしてその後は焼肉バイキングのお店で忘年会も開催しますので…)で「企画持ち込み例会」がやりづらい(つまりは「誰かの企画の予定時間が延びて、他の人に及ぼす可能性が高い」んすね)んで、基本的にはむろかつ単独企画…でやってましたが、今年に関してはニーズがあれば企画者も募集する予定です。

そしてまたむろかつはクイズ問題を作りはじめまして(苦笑)

ただし、実は私自身、今日からちょっと実験的に始めてみた事がありまして、

やっとこExcelの使い方(特にセルの中で自動的に改行する方法)がわかり、12月例会で早押しクイズの企画が打てるように問題づくりをして行こう、と。基本的には1日5-10問程度で、それでいてジャンルをできるだけバラして、更に問題を一覧しつつもシャッフルできるようにExcelを使ってみようと思った次第です。

ちなみにこれまで(昨年の5月から9月までやはりコツコツと問題づくりをしてました)は、Access(Microsoft社のデータベースソフト)の古いバージョンのを使ってたのですが、こちらは紙媒体で印刷してシャッフルしたりという手間が意外に大変で、一方でこちらはExcelで作っておけば、iCloudを経由してiPad proの表計算ソフトと互換性があるらしいんで、使い勝手が良ければ出先でも問題が作れるんで…まあそうでなくてもメモ帳に単語やメモをしておいて家のPCのExcelに打ち込んでもいいですし…。そこらへんは自分でも楽しんで作りたいと思います。

なのでもしかしたら、例年の「たほいや」と、このむろかつ企画だけで足りてしまう可能性もありますし、問題数のストックがうまく溜まれば前倒しして10月ないし11月あたりに企画を組んで、12月は他の人に…ということもできますでそこは柔軟に、と。

もっとも私の問題はいつもそうなんですが、

↑一昨年・去年と、Accessで作ってた問題です。750問ぐらいあります。

まあほとんどの問題が「エピソードやうんちく等で前フリがえらく長く、最後まで聞くとまあまあ難易度が落ちる」という30年ぐらい前の大学のクイズ研っぽい問題構成でして、まあとにかく「癖」がありますね(爆)

なのでまずいつも自分の企画の際に最初にやることは「企画書に、問題文に癖があってすんません」と謝罪文(?)を書くことと、現場では「いやー、競技クイズのノリでポイント押しなんか試みたらえらい目に遭いますんでそこは寛大なお心でどーぞご勘弁を」と平謝りに徹するという、いつになく低姿勢な(?)むろかつがそこに繰り広げられる事態に(^_^;)

※ま、岩Q槻にいらっしゃる皆様はそこらへんは寛大な方々ばかりで怒られたことがまだないのはありがたい限りです…(ノД`)シクシク

そんな感じで、8月から活動再開となると思います。あとは新型コロナ禍が例えば都内だけで患者4ケタ人数に行っちゃって緊急事態宣言の再発令…とかにはならん事を祈るばかりです。こればかりはどーしようもないので、ひとまず手洗い・うがい・マスク着用などを徹底して予防につとめたいと思いますです。

以上です。ではまた。

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。