2020/09月例会「第2回ひよし記念」報告記(4)・概要編(3R:磯部企画編(2))




こんにちわ、番頭役のむろかつてございます。前回、2020/09月例会の報告記の続きになります。3R,メイン企画となる磯部さんの「Qさま!」風クイズは、まず序列ぎめの漢字クイズを経まして、いよいよ本編に入っていきます。最初のセットは14→11人まで絞られるわけですが…。

2020/09月例会「第2回ひよし記念」報告記(3)・概要編(3R:磯部企画編(1))

2020年9月24日

最初の序列はこんな感じでした。

さきほどの漢字クイズによって決定した初期設定の序列は以下の通りでした。

1枠からKava・ばいそん彗星・T本山・三好誤服店・nao・佐伯明日叶・ぽちょ兄貴・ひっさつ・むろかつ・キング先生・ハマクドー・あんどう・キヨミ・チヨマル…といった並びでした。最初のセットは14→11。すなわち赤いラインが引いているとこの下位3人が、「落第(失格)」となる次第でした。

この企画は常に順位が変動(正解すると2ないし3段階アップ、誤答すると2段階ダウン…が、その場で発生しますので)するため、椅子には座らずに立つか椅子の後ろにしゃがんでのクイズとなりました。

そして手始めに「こういう問題を出します」と例題を見せられました。ま、この時点で「すげえクオリティだ…」と息を呑むプレイヤーの面々だったんすけどね(^_^;)

さてここから本編が始まっていきます。

企画の流れは、(どうやら元祖の「Qさま!」で実際に放送時に使われた)「日本の城人気ベスト30」の30位から順々に紹介し、そこからの派生問題が出題されました。ま、実際は1つの城で比較的長く時間や問題枠が取られていたり、逆に途中の順位では城の名前だけ発表されて次の順位に…という事もあったんで、この城の数と問題数は必ずしも一致はしなかったんですけども。

で、序盤戦、実に「おお、これはお見事!」と皆が唸ったのは、

初期配置では10番手、つまりはギリギリの順位にいたハマクドーさんが、誤答だったか他のプレイヤーに正解されたかで降格枠まで下がってしまった後に、

「天下布武!!」と豪快に答えてそこから一気に順位を上げていく次第に。こうしてハマクドーさんは一気に降格圏から中位圏のあたりまでのし上がっていくことになったのでした。

しかし誤答すると一気に-2(問題によっては-3も)、正解すると同じく+2か+3ってのはなかなかいいルールだなあと思いましたね。降格圏のあたりから上位陣はこんな感じに見えました…いやあ近いようで遠いな(苦笑)。

そして忘れちゃいけないのが「下剋上チャンス」…ですな(汗)

更にこの企画、「Qさま!」のファン企画と言ってるだけに、やはり磯部さんは用意しておりました。

「下剋上チャンス」。つまりは「下剋上クイズ」ってやつですな(^_^;)

今回は上位3人のうち誰か1人対下位3人の戦いでして、

1枠のKavaさん、2枠のばいそんさん、3枠のT本山さんのいずれかが選ばれることに。

その結果、本山さんが選ばれるもののここで「淡路島」を無事に(?)正解することができまして、

さらに降格・残留争い最終決着としては、

「薩摩藩」をチヨマルさんが正解しまして一気に残留圏に入り込むことに成功し、

あんどう・キヨミ・キング先生の3氏が失格…となったのでした。

さてこの「下剋上チャンス」。これが後々、とんでもない展開になっていきます。どうぞお楽しみに。

つづきます。

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。