次回「2020/06月定例会」の開催可否について(2020/5/4時点)。




安倍首相「可能な場合 今月31日待たずに宣言解除」 新型コロナ(NHKニュース)

こんにちわ、番頭役のむろかつです。こちらは数日前のこちらの記事の話の続きになります。今日、安倍総理大臣の記者会見が行われ、緊急事態宣言の延長についての話がありましたので、次回の例会についてのご説明をします。

次回「2020/06月定例会」の開催可否について(2020/5/1時点)。

2020年5月1日

緊急事態宣言の延長決定を受け、安倍総理大臣は4日夜、記者会見しました。今月14日をめどに専門家から意見を聴き、可能な場合は、今月31日の期限を待たずに、宣言を解除する考えを示しました。また、「コロナの時代の『新たな日常』を作り上げなければならない」と述べ、感染防止策を講じた新たな生活様式に取り組むよう呼びかけました。

この中で、安倍総理大臣は、先月7日に緊急事態宣言を出して以降、ピーク時と比べ全国の感染者数が3分の1まで減少したとして、「収束に向けた道を着実に前進している」と述べました。

一方で、感染者の減少が十分なレベルと言えず、医療現場が過酷な状況にあるとして、「もうしばらく努力を続けていかなければならないと率直に伝えたい」と述べました。

そして、重症者治療をさらに強化するとともに、1日当たり100人を超える回復者数を下回るレベルまで新規感染者を減らし、地方への人の流れを抑制するための対策を講じる必要があることから、対象地域を全国としたまま、宣言を延長する決定を行ったと説明しました。

また、期限を今月31日までとした理由について、患者の平均的な在院期間が2週間から3週間とされており、新規感染者数を低い水準におさえながら、退院を進め、医療現場のひっ迫した状況を改善するために、1か月程度の期間が必要と判断したと述べました。

さらに、安倍総理大臣は、今月14日をめどに、改めて専門家から、地域ごとの感染者数の動向や医療提供体制のひっ迫状況などの分析を聴き、可能な場合は、今月31日の期限を待たずに、宣言を解除する考えを示しました。

そして、「当初予定していた1か月で、宣言を終えることができず、おわびを申し上げる。中小・小規模事業者がこれまでになく厳しい経営環境に置かれている苦しみは、痛いほど分かっている。さらに1か月続ける判断をしなければならなかったことは断腸の思いだ」と陳謝しました。

そのうえで、経済対策を盛り込んだ補正予算の成立を受けて、給付金の支給を急ぐとともに、賃料の支払いが困難な事業者の負担軽減や、雇用調整助成金のさらなる拡充、それに、生活が厳しい学生への支援について、与党内での検討を踏まえて、追加的な対策を講じる考えを明らかにしました。

一方で、経済や社会活動の本格的な再開について、「この1か月で、現在の流行を収束させなければならない。5月は収束のための1か月で、次なるステップに向けた準備期間だ」と述べました。

また、「ある程度の長期戦を覚悟する必要があり、経済社会活動の厳しい制限を続けていけば、暮らし自体が立ち行かなくなりコロナの時代の『新たな日常』を1日も早く作り上げなければならない」と指摘しました。

そして、専門家会議が策定した「新しい生活様式」を指針として学校生活の段階的な再開をはじめ商店やレストランの営業、小規模イベントの開催などは、感染防止策を十分に講じたうえで実施するよう呼びかけました。

また、医療提供体制について、PCR検査の体制拡充や、感染者の病状に応じた医療機関や宿泊施設への受け入れ支援、それに、医療用のガウンやマスクの生産や輸入の強化を図る考えを改めて示しました。

さらに、治療薬の開発については、アメリカ政府が使用を認めた「レムデシビル」の承認手続きを急ぐとともに、インフルエンザ治療薬の「アビガン」についても、臨床研究で有効性が確認されれば今月中の承認を目指す考えを示しました。

そして、安倍総理大臣は、感染者や医療従事者への差別や偏見が問題となっていることについて、「ウイルスよりも、もっと大きな悪影響を私たちの社会に与えかねない。誰にでも感染リスクはあり、支えあいの気持ちを持ってほしい。強い使命感で頑張っている医療従事者や家族への差別など決してあってはならない」と訴えました。

そのうえで、大型連休中の外出や帰省の自粛に改めて協力を求めたうえで、「国立感染症研究所によれば、中国経由の第一波の流行は抑え込むことに成功したと推測される。欧米経由の第二波も、感染者の増加はピークアウトし収束への道を進んでいる。みんなで前を向いて頑張れば、きっと困難も乗り越えられる」と呼びかけました。

…とまあ、長々とニュース記事を引用させていただきましたが、今回の発表に伴いまして、来月6月7日開催予定の6月例会についても以下のような対応とさせていただきます。

開催可否は5月14日前後に決定することになると思います。

決定事項としては以下のとおりです。

1.そもそもの「開催の可否」については、この6月への緊急事態宣言の「延長」の可否、および借りているさいたま市のコミュニティセンターの臨時休業の可否によって決定します。

2.それに伴い「次回の定例会のお知らせ」は5月14日前後まで「凍結」といたします。

本来ですと、今のうちから「次回の定例会のお知らせ」を載せてもいい…んですが、昨今の新型コロナ禍が1ヶ月後にどうなってるか「全く先が読めない」ため、大変申し訳無いのですが定例会のお知らせのアップは「定例会の開催が可能っぽいぞ」と判明(確定ではないです)するだろう、5月14日前後に判明、またはその数日後に執り行われるだろう政府・総理大臣からの記者会見の内容を鑑みて決定することとします。

また6月例会、というかおそらく6月が中止になって7月に再開しても全く同じことになるとは思うのですが、定例会の企画内容についても「一応の制限」はつけさせていただきます。

3.企画は「4月例会で開催予定だった」Linerさん・磯部さんの企画の開催優先権は維持しつつ、彼が日程変更の上で開催が可能であればそちらをお願いする。

4.それ以外の場合は基本的にはシンプルな「比較的準備がいらない(=当日、スマホかタブレット等で順位戦・名人戦の時に使わせてもらっている「abc/EQIDEN過去問検索サイト」の「ランダム100問」を使用し、希望者がいれば自分の出番ではない時の問読みの練習もやってます)」企画を用意し、基本的には午後1-6時の間に定例会本編が終わるように企画枠をしっかり管理する。そして例えばゲーム企画でいえば、広辞苑とボード・ペンさえあれば成立する「たほいや」とかも…。

5.なので原則的には「Liner・磯部両氏の開催優先権を尊重」しつつ「残った時間(もしくはLiner・磯部両氏が企画不開催の場合は例会企画全編で)フリバのような企画とシンプルな企画」を用意できれば良い、と考えております。

要は「開催できるかどうかわからない状況で、企画の準備をしていただくのも心苦しい」という事と「少なくても準備期間が半月もない(最長で5月14日から例会前日の6月6日までの23日間、中3週程度)」ため、通常の定例会のように開催するのはほぼ無理、と考えていただいて結構です。

そこで6月ないし7月、もしかしたら更に先になりそうな新型コロナ禍を経て活動再開する最初の例会(ただしハマクドーさん単独企画の8月は、ハマクドーさんの活動実績を鑑みてそこは別とします)は、4月の分の開催優先権を持つLiner・磯部氏は別にしても(※)、むろかつが手持ちで簡単にできそうな企画を基準に、よりシンプルな定例会企画(※2)になると思います。そこらへんをどうぞご容赦いただきたいと思います。

※ちなみに4月例会の開催優先権を持つ両氏がそのまんま6月・7月などの中止明けの企画で開催するとした場合、その2企画だけでほぼほぼ3時間半はかかると思われるため、残り1枠を順位戦・名人戦でほぼほぼ企画枠が埋まる次第だったりします。ただ磯部さんもLinerさんも、とかくお忙しい方ですので6or7月に出席されるか、企画を打てるかどうかは未定という次第です。

※2 前回(5/1版)も書きましたが、最近の順位戦・名人戦では「基本問題の早押しクイズ「も」やる」「競技クイズ風クイズも悪くない。むしろ楽しそう」というコンセプト(?)で、スマホかタブレット等から「abc/EQIDEN過去問検索サイト」の「ランダム100問」を使用して開催しています。ここで問読みの練習をしたい人が立候補して問読みしたり、中にはハマクドーさんのように自らの自作問題を自分の出番ではない時に問読みしたり…という事もやってたりします。

おさらい

ですので、おさらいをさせていただきますと、

・6月例会の開催可否・例会のお知らせは5月14日以降に決定・発表する。

・6月例会も含めて中止明けの例会は企画募集をいったん停止し、番頭役の差配で行う。

ということです。

今後の岩Q槻のブログに関しましては、2月例会の「詳細編」の続きや散発的に連載している「今日のクイズネタ」などを中心に更新し、一応のサークル活動の一環とさせていただきたいと思います。

以上です。

 

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 ゲームブログ クイズゲーム・パズルゲームへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ




ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。