2019/09月定例会 報告記(6)「3R・磯部企画「Qさま!」詳細編(その1)」




こんちわ、番頭役のむろかつです。ここからは2019/09月例会報告記の「詳細編」となります。まずは磯部さん企画の詳細編です。全2-3回程度に分けての掲載となる予定です。

スポンサーリンク

まずは「総合結果」です。

(以下は磯部さんが書いた記事です。ところどころむろかつも補足も入れております)

前回の例会ではお疲れ様でした。何回かに分けて記すと思いますが、まずは上位5人の報告となります。

優勝…ひっさつ
準優勝…響幸九郎
3位…kava
4位…三好誤服店
5位…山田はまち (敬称略)

延長戦の1問で逆転、音楽全般に強かったひっさつさんが優勝となりました。おめでとうございます。

響さんは下剋上で転落したと思いきや2度目の下剋上で復活するなど、魅せてくださいました。優勝に一番、と言っても良いほど近かったです。次回に期待です。

個人的に興味深いのがひっさつさんと因縁深い(?)三好さん。席決めクイズの『モルダウ』と、随所で日本地理を正解したのが大きかったですね。

ここからが「問題解説」となります。

次は問題解説を載せたいですが、何しろ誰が正解したかを記録していなかったもので、少し長引くかもしれません。

問題の公開・解説を記します。パート1は席決めクイズ~1回目の落第までを。
正解者が「__」となっている箇所は記憶に自信がない(申し訳ありません…)ので、判明次第追記します。

○席決めクイズ…15問限定イントロ

1.カノン/パッヘルベル をひっさつさん、

2.『四季』から「春」 第一楽章 /ヴィヴァルディ を響幸九郎さん、

S.『水上の音楽』から「アラ・ホーンパイプ」/ヘンデル をスルー。

3.トルコ行進曲/モーツァルト をkavaさん、

4.トルコ行進曲/ベートーヴェン をはなちゃんさん、

S.ピアノソナタ第8番『悲愴』第二楽章/ベートーヴェン をスルー。

5.ラデツキー行進曲/ヨハン・シュトラウス1世 をハマクドーさん、

6.『レクイエム』から「怒りの日」/ヴェルディ を山田はまちさん、

7.連作交響詩『わが祖国』から「モルダウ」/スメタナ を三好誤服店さん、

S.『カルメン』序曲/ビゼー をスルー。

8.白鳥の湖/チャイコフスキー をわんさん、

S.組曲『惑星』から「木星」/ホルスト 、

S.剣の舞/ハチャトゥリアン を2連続スルー。

9.『ゴジラ』メインタイトル/伊福部昭 をLinerさん、

10.戦場のメリークリスマス/坂本龍一 をむろかつさん正解でゲームセット。

13人中10人が正解を出しました。いやー、ここまで激戦になるとは思いませんでした(汗)。

で、この順番をもって第1セットに入っていきます。

第1セットから「先が読めない」展開に。

■第1セット(11-13位が失格)

○1人目…ジャコモ・プッチーニ

1問目)人物アルバム)磯部が選んだこの「スゴイ音楽家」は誰? A.プッチーニ

1問目ということで(比較的)有名な音楽家を選びました。先祖の肖像画が残っているとは思わなかったです。

※この企画はすべて磯部氏が音楽家を指定(既に出題順を決定)した上で、それに関連する諸問題を出題しておりました。

わんさんが誤答(-2)、ひっさつさんが正解(→首位維持)。

2問目)地理)アルバム問題)プッチーニのオペラの舞台となったこの州はどこ? A.カリフォルニア州

1枚目がApple Park、2枚目がヨセミテ国立公園、3枚目が『ホテル・カリフォルニア』に使用された「ビバリーヒルズ・ホテル」、4枚目がゴールデンゲートブリッジ(ここで正解)。解説で『ホテル・カリフォルニア』を聞いて「あー」となる人多数。

Kavaさんが正解(+2、首位奪還)。

3問目)社会)ズームアウト問題)車と共に写るこの人物は誰? A.吉田茂

ハマクドーさんが正解(+2)。Kavaさんが「武者小路実篤」と誤答(-2、首位陥落(ひっさつ首位へ))。

4問目)音楽)プッチーニの作品で使われるこの楽器は何? A.ドラ

タムタムでも正解。『タモリ倶楽部』でたまたま目にしたので作るしかないと。

ひっさつさんが正解(首位防衛)。

○2人目…ドメニコ・スカルラッティ

↑テーマの「スゴイ」音楽家のたびに、人物画がくるくると回るという実に細かい演出も(^_^;)

5問目)社会)同じ年に生まれた人物 左から順に3人全て答えよ A.太宰治 松本清張 大岡昇平

1909年生まれの小説家。むろかつさんが大岡昇平が出ずダウン(→-2)。初参戦のチヨマルさんが正解(→+2)。

6問目)国語)似た意味の言葉に言い換えよ A.互角→伯仲の間

私の持っていることわざ辞典には「伯仲の間」の形で載っていましたが、使われることは少なく分かりづらかったという意見がありました。反省。スルー。

下剋上)音楽)チェンバロで演奏されるこの曲は何? A.ヘイ・ジュード

ビートルズの名曲。そういうCDがあるんです。

響さんが思い出せず最下位転落。

7問目)国語)似た意味のことわざに言い換えよ A.ナポリを見てから死ね→日光を見ずして結構と言うな

響さんが正解(→+2)。しかしまだ落第圏からは抜け出せない。

○3人目…イーゴリ・ストラヴィンスキー

8問目)理科)パラパラ動物)ストラヴィンスキーにまつわるこの動物は何? A.カメレオン

時代によって作風を大きく変化させたので「カメレオン」。フランスの作曲家・メシアンが言い出したそうです。

Linerさんが「イグアナ」と惜しい誤答(→-2)、ハマクドーさんが正解(→+2/首位奪還)。

9問目)歴史)1913年に話題になった人物 左から順に3人全て答えよ A.桂太郎 ウィルソン プルースト

『春の祭典』の初演の年。100年もたつんですね。

チヨマルさんが「プルースト」を思い出せなかった(→-2)。はなちゃんさんが正解(→+2)。

↑むろかつ「なんかこの人、ひっさつさんに見えて仕方ねえ」ひっさつ「なんてこと言うんですかー(泣)」

10問目)地理)ムーア人を旗に定めたこの島はどこ? A.コルシカ島

『ペトルーシュカ』に登場するムーア人(北西アフリカに住むイスラム教徒のことだそうです)からの出題。ペトルーシュカを刺殺するわるい役。

チヨマルさん、Linerさんが誤答(→各-2)、ハマクドーさんが正解(首位維持)。

そして最後は怒涛の残留争いも。

11問目)社会)ストラヴィンスキーが曲の題材にしたこの日本人は誰? A.紀貫之

『3つの日本の抒情詩』3曲目から。1曲目は山部赤人、2曲目は源当純の歌が題材になっているそうです。

3人誤答(チヨマルさん、はなちゃんさん、ひっさつさん(→各-2))して正解者なし。

[ラスト(ここだけ正解は+3)]12問目)社会)ズームアウト問題)ストラヴィンスキーと共に写るこの夫妻は誰? A.ケネディ夫妻

ジョン・F・ケネディとジャクリーン。

チヨマルさんが最下位からの3段アップで、企画的にはおいしい(をい)展開に。妻だけで正解したのはファインプレーでした。

ここでむろかつさん、Linerさん、くうちゃんさんが落第。チヨマルさんや下剋上で一度は転落した響さんが残る中、この戦いはどう展開していくのか?

次回に続きます。

解説と補足など

(以下はむろかつが書いてます)

こちらの記事は、磯部さんがmixiの彼の日記に書いたもので、全5回(うち1回が総合結果、3回が企画の流れ(問題と解説)、1回がコラム的)に書いていたものです。まあ「早く概要編を仕上げろ」とプレッシャーを与えられたわけではありませんが、早い段階でさっさと書き上げておられたので、これは早いうちにアップしなければ…と、概要編がいつもよりもハイペースで仕上がる要因の一つになりました(苦笑)。今回は、総合結果と、1セット目の問題と解説の部分を転載しつつ、ところどころに補足と写真を追加して記事を構成しました。

ただ、磯部さんをしても当日、誰が正解して誰が誤答したか…まではすべて把握できなかったようで、ところどころ名前の部分が「—さん」と横線を記して書いておられてたので、実際はむろかつが当日録画したVTRを見て名前を記してみた、という次第です。

ただしスクリーンの方にビデオカメラの被写体をあわせてたので、プレイヤーは上位5番目ぐらいの人しか映ってません。

↑ビデオカメラの角度からはこれぐらいしか映ってませんでした。

ですので、当日はMCおよび問読みでいっぱいいっぱいだった磯部さん、Kavaさんなどがプレイヤーをやりながら誰が誰かを区別できてる人が補助スタッフの代わりに、誰が押して、誰が正解して、誰が誤答したか、何段階移動するか…などをやってもらいました。

それでもQ10の「コルシカ島」の2人目の誤答の人は音声が不明瞭で、強いて言えば響さんの低音の発生音らしき悔しがってる声がしたので「響さん…と思われる」と書いた次第です。間違っていたら申し訳ないです。

しかし今回は「プレイヤー」としては、むろかつとLinerさんはイントロクイズからクイズ本編までほぼ完璧に「蚊帳の外」で、二人揃って、( ゚д゚)ポカーンって感じでしたね(もっとも指負けする部分が多くて、フツーに問題を視ている分には非常に楽しいんでたのが何よりでした)。そして最後は誤答を連発し最下位に沈み、絶体絶命のピンチの中から初参加のチヨマルさんが起死回生の「ケネディ夫妻」を正解し、かろーじて残留確定したダイナミックなシーンがありまして、私・むろかつとしては「負けて悔いなし!!」って意味で、チヨマルさんに拍手を贈りながら、「さー、広報担当に専念するか」と(をい)

ちなみに今回の例会、1Rから最終4Rまですべてプロジェクターを使ったビジュアルには富んだ定例会で、デジカメもフル稼働でした。具体的にはいつもは70-120枚程度の撮影量が、今回は347枚にもなっておりましたので、かなり補足的な写真は掲載できると思います(笑)。

さて第2セットに続きます。次回もお楽しみに。

(Text by 磯部/解説および構成:むろかつ)

貧乏モーツァルトと金持ちプッチーニ
正林真之
サンライズパブリッシング (2018-07-27)
売り上げランキング: 102,080

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へにほんブログ村 その他趣味ブログへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でクイズサークル岩Q槻をフォローしよう!




シェアはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

岩Q槻(iwaqtsuki)

埼玉県さいたま市岩槻区界隈で活動している「岩槻クイズの会・岩Q槻(いわくつき)」の公式ブログです。年間8-9回ほど「ヌルく」クイズやカードゲームなどで遊んでいる会です。 こちらのブログは主にサークルの「番頭役」のむろかつ(幕張亭ボーリック)が更新しています。